korenannan’s blog

関東地方某県に住んでいます。日々思ったことを書きます。

OSのクリーンインストールをして思ったこと

 雨。

 

 雲が蓋をしていて蒸し暑く不快。

 

 こういう日は家族皆のテンションが高い。

 

 

       やったこと

 ここ数か月使っているPCの調子が悪い。私はノートPCの中古品を7,8年使っている。作られてからだと10年くらいの製品になる。

 

 性格的にモノは壊れるまで大事に使うほうなのだがそれでもよく持っていると思う。

 

 だましだまし使っていたがあまりに不具合が多くなったのでOSをクリーンインストールすることにした。

 

 USBメモリにOSをダウンロードしてUSBから起動する。電源を入れてボタンを連打?する仕様は昔から変わっていない。枯れた仕様というやつだろうか。嫌いじゃない。こんなことでもない限りBIOS画面なんて見ることもない。(私はあまりPCには詳しくないのでかなりざっくりとした説明になっています)

 

 割と簡単にできた。昔は自分でOSを入れなおすなんて考えたこともなかった。DIYの一種か。

 

 初期設定に移る。突然OSのアシスタント(コルタナというらしい)が爆音で話しかけてくる。なんだよいきなり。びっくりするだろ。今早朝なんだぞ。

 

 音量の数字を確認したら67だった。こんな音量で聞いたことない。しかもこれがデフォルトの設定らしい(たぶんだけど)。それにしても声出す前に一言いってほしい。

 

 

 

 思い出す。昔は爆音を出すPCといえばMacだった。(個人的な感想です)20年以上前の話だ。

 

 まず起動音がでかい。ドゥーン、とかワンっ、とか(Appleの人間が飼っていた犬の鳴き声らしい)とんでもない大きさの音がする。ヘッドフォンをつけていてもお構いなしだ。

 

 なので夜中にPCを立ち上げる時には細心の注意が必要だった。夜中にPCを立ち上げるうしろめたさ?みたいなものも相まってヒリヒリしていた大学生のころ。

 

 起動音だけでなくフロッピーディスク(今の人にわかるだろうか?)の読み込みもうるさかった。ウィーン、ガッチャンガッチャンと日本の製品だったらありえないレベルの音がした。日本製のPC9801だったらこんな音はしない。その音を聞いて外国の人間の雑さ・豪快さ・考え方の違いなどを勝手に想像した。

 

 Macで何をしていたかって? ・・・ゲームとネットかな(モデムを使っていた時代) カッコつけキッズだな。宝の持ち腐れともいう。

 

 その後はずっとwindowsPCを使っている。私はAppleの製品とは相性が悪いらしい。iPhoneも使いづらかったし。それ以前に問題がある気もするが。

 

 それにしてもまさか日本製のPCが駆逐されるとは当時は思いもよらなかった。やはりパワーの違いだろうか。音の大きさが生命力?とイコールなのかは知らないが。声のでかいやつが勝つ、みたいな言い方。

 

 

 

 閑話休題

 

 クリーンインストールしたらサクサク動くようになった。やってよかった。まだいける。