korenannan’s blog

関東地方某県に住んでいます。日々思ったことを書きます。

昔の作品の吹き替え無双っぷりに驚く

  寒いのが当たり前になってきた。コロナがまた流行し始めている。今のうちにやっておくことはないだろうか。

 

 

       思ったこと

     その1

 自分はレジの支払いにあたふたするほう。いまさらながら支払いをスイカにしてみた。これは楽だ。

 

 便利だなあ。え、ポイントカード? またあたふたする。カードが増えて、かえってもたついている。なんで楽に支払いしようとしてやることを増やしているんだよ。

 

 自分は通販のほうが楽だと思う。でもそれは宅配の人に悪い気がする。バスで帰れるのにタクシーを使っているような気分。少し違う。貧乏性か?

 

 

     その2

 自分は写実画が好きだ。写真じゃダメなの? という意見もあるらしい。

 

 写実画を見ながら、この作者は対象とものすごく濃密な時間を過ごしたのだろうなと想像する。それが楽しい。

 

驚異の静物画 ホキ美術館コレクション

驚異の静物画 ホキ美術館コレクション

 

 

 

 

     今週のお題「最近見た映画」

 動画サイトを観ると洋画には字幕版と吹き替え版がある。テレビでやっている映画はほとんど吹き替え版だ。

 

 後ろ向きに生きる自分はまた思い出す。(「最近」ではない)

 

 昔の映画やアニメの吹き替えってかなりとんがっていたな。オリジナルでは絶対こんなこと言ってないよと思うことも多々あった。

 

  たとえばこれ。ずいぶん昔に見たので内容はうろ覚えだが、シュワちゃんも声優の人も大暴れしていた。

 

  そしてアニメはこれ。このCGのバージョンではなく、その前のやつ。

 

 アメリカのアニメに”亀有”という単語が出てきて驚いた。そのセリフを言った声優はたしか千葉繁さんだったと思う。

 

 原作の雰囲気を壊すスレスレを攻めていてある意味主役を食っていたと思う。