korenannan’s blog

関東地方某県に住んでいます。日々思ったことを書きます。

最近のこと(10/25)

  朝晩は涼しいが昼間はまだ暑い。

 

   考えた

 トランプ大統領のついた”嘘”についての記事が新聞に載っていた。(朝日新聞10/25朝刊)

 

 あの人はその場さえうまくいけば発言の内容が嘘でも構わないと思っているのではないだろうか。むしろそのために話している。

 

 あれはアメリカ固有の問題なのだろうか? セールスマン? 売りつけられれば後はどうでもいい、ということだろうか。セールスのその場限りの話。そういうことに慣れている?

 

 信頼関係はどうなる、というか言葉とはそういうものだと思っているのか。でもそれでは騙されたほう、というか対話の相手はたまらない。そうか相手のことを考えてしゃべっているわけではないのか。自分のその場の利益のみ。

 

 騙されたほうは少なくとも言葉を素朴に信じている。そこが切ない。

 

 対策としては文脈から外れた言葉は信じてはいけないということだろうか。

 

 

   最近の気づき

 「アクセスするとアクセスされる」

 

 先週は自分の心の中のことを書くのに集中するため、はてなスターとコメント欄を閉じてほかの人のブログも見ないようにしていた。そうしたら見事にアクセスがなかった。

 

 そのために閉じたのだけれど、ここまではっきりしているとは思わなかった。アクセスしたり参加することには大変な影響があった。同時に集中するために引きこもることの大事さも知った。

 

 だけどあまり自分の心の中に集中していると煮え煮えになる。自分は力加減が苦手なのでほどほどにやる。そうしないとすぐに自分を見失う。

 

   やっぱりはてなスターとかわからない

 自分はブログを始めて3か月ほどになりますが、まだわからないことだらけです。

 

 特にはてなスターなどの機能は使い方がよくわかりません。わからないというか、自分の性分として「はてなスターとは何ぞや?」とか考え始めてしまうのでわからなくなってしまう。そこはわかっています。対策として

  1. やりたかったらやる。
  2. やったら忘れる。放っておく。
  3. 振り回されやすいので入れる情報は最小限にする。

でしょうか。

 

 今の目標はとにかく自分が書くことに集中できるようになる。でした。

 

 

    夢を見た

 また数学のテストの夢だ。今度は幾何。さっぱりわからない。

 

 目が覚める。数学は他の人に任せることにしよう、永遠に生きるのならずっと考え続けてもいいが人の命には限りがある、と思った。

 

 

   外でのこと

 買い物に出た。用があって携帯のショップに行く。ガラガラであまり人がいない。例年ならiphoneが発売された直後だとかなり混雑しているはず、予約も販売もネット上で行っていて、もう売り切れだと店員が説明していた。

 

 自分はガラケーを使っているがそろそろ限界か? スマホでなければ使えないサービスが増えた。でも電話機にいろいろな機能がついている必要はないのにと自分は思う。

なぜか「こち亀」で昔あった、”鉄アレイ付き耳かき”という商品を思い出した。電話機は電話機として単独であってほしい。

 

 

 

 

Kamedas ―カメダス― 1 (ジャンプコミックス デラックス)

Kamedas ―カメダス― 1 (ジャンプコミックス デラックス)

  • 作者:秋本 治
  • 発売日: 1993/03/04
  • メディア: コミック