korenannan’s blog

関東地方某県に住んでいます。日々思ったことを書きます。

のめりこみ過ぎて感想どころではない

今週のお題「読書感想文」(その2)

 

 

 自分は本でも映画でもゲームでものめりこむタイプ。

なので、読んでいる最中は結構きつい。

それなのに家族の問題とかホラーとか

厳しいジャンルを選んでいた時代があった。

読み終わるとボロボロになっていて

「え、感想? 無事に帰ってこれてよかったです」

という感じになっている。

そこから心身ともに回復する過程で気づきがきたりする。

筋トレか何かだろうか。というか苦行の類い?

気づきがくるまでには数か月、場合によっては

数十年後にくることもある。

読書は無駄にならない。そういうことだった。

 ただ説教臭くて説明的な本では気づきはこない。

 はじめて読んだとき、何を言っているのよくわからない

だけど何か大事なことを言っている気がするというレベルの

ものがいい。

 

 こんな感じなので本を読んで

「はい、感想を書いてください」

といわれてもどうにもならない。

そっちの”流儀”には合わせられない。

(書いていてこれはあかん感じの人なのではと思った。

突き放して”解釈”したり、コメントできるクールさは自分にはないのか)