korenannan’s blog

関東地方某県に住んでいます。日々思ったことを書きます。

記憶の中の暑い場所の共通点

今週のお題「暑すぎる」(その2)

 

 

 昨夜は久しぶりにものすごく暑かった。

ここ2、3日は夜中は涼しかったのだが  

またか、と思う。

 

 眠れずにぼんやりとしている間に

昔のことを思い出していた。

(昔も暑かった)

思い出しているうちに記憶の中の暑い場所に

いくつか共通点があるのに気づいた。

 

1・JRと私鉄が距離を置いて並走している。

2・線路は高架であることが多い。

3・路面電車がある。

その他にも

4・単線の観光地も走る路線があるところは涼しい。

5・夏暑い場所は冬はものすごく寒い。

 

くわしく説明すると、

1は私鉄とJRが隣り合っているよりも

少し距離をとって並走しているところのほうが暑かった。

路線間を歩くのにやや抵抗があるくらいの距離。

そして線路がまっすぐ。

私鉄のほうが内陸部にあるほうがより暑い。

2は1に絡んだ要素の一つ。

(ああ~、暑いなあ)とか思いながら高架をくぐった

記憶がたくさんある。

3は都内のはなし。東京さくらトラムでしたっけ。

あのゆっくりしたスピードも暑さを演出してくれます。

記憶の中では常に陽炎が出ている。

(他の路面電車は知らないが他の場所も暑そう)

4は完全に江ノ電のはなし。イメージの問題か。

銚子とかも涼しそうだというイメージ。

(ん? 江ノ電も路面を一部分走るな。

自分の勝手なイメージで路面電車=1両となっています。

こういうことは全く詳しくないので悪しからず)

5はなぜかまわりとくらべて気候が過酷な場所が

あるということ。

駅前は風がビュービュー吹いている。

まわりは雨なのにそこだけはなぜかドカ雪になってる。

一駅の違いでかなり変わるので駅を出た瞬間雪を見て

「なんじゃこりゃあ」と言いそうになったことも何度かあります。

 

 

 関東地方南部に住む人間の非常に個人的な記憶です。

ここはどこでしょうというクイズみたいになってしまいました。

(ほかの地方はどうなんでしょうか)